問題児たちが異世界から来るそうですよ?

Blu-ray&DVDシリーズ絶賛発売中!

問題児たちが異世界から来るそうですよ? キャストインタビュー

――まず両監督にお聞きしますが、この作品に初めて触れたときの印象は
  いかがでしたか?

草川: 十六夜、お前強すぎだろ…と。さて、
アニメにするにどうしたものかと(笑)

山本: 「十六夜、超TUEEEEE」って、小説の帯にも書いてありましたね。

草川: ただ、そこに感情移入するというより、そのとてつもない強さが爽快感として伝わればなぁとは思ってます。


竜ノ湖太郎:
萌えもバトルもやるっていうか、やる以上はやはり、すべて面白く書きたいっていう気で書いているので、
どの要素も楽しんでもらえたら嬉しいですね。

――竜ノ湖太郎先生へお伺いしますが、ご自身の作品が
  アニメ化されると決まって、どう思いましたか?

竜ノ湖太郎: いやぁ、ムリだろうと。

草川・山本:(爆笑)

竜ノ湖太郎:
というのも、映像化を考慮しない文章を大量に書いていたので……。それなのに、アニメ化をするという声が上がったのは、とてもありがたかったというのが最初に感じたことです。そして、それなら全力で一度ぶつかってみたいなと。どんな形になるにせよ、全力でぶつかってみないとどうなるかわからない。著者紹介のところにもあるように、座右の銘は「斜に構えて全力疾走」ですから。

――打ち合わせやアフレコにも立ち会われていますが、
  制作の過程をご覧になって、いかがだったでしょうか?

竜ノ湖太郎:
実際、絵が付いて、そこに声をあてていく過程を拝見し、作画スタッフや声優さんの技術力に押されつつ、「ああ、なるほど。こういう表現をしていくのか」というようなところがたくさんあります。原作をただなぞるのではなく、表現手法の変換の仕方が素晴らしいなと思いました。映像化不可能なシーンがいくつかあると思っていたのを、きちんと映像化していただいているので、ぜひともそこは楽しみにしていただきたいですね。

――1話のアフレコが終わりましたが、その雰囲気や手応え、
  また特に問題児3人についていかがだったでしょうか?

草川: 音響監督のたなかかずやさんが、非常に熱心に指導してくださって。

竜ノ湖:
どのキャラも一癖も二癖もあるのに、キャストの皆さんがきちんとキャラクターを作り込んで演じられているので、期待していただきたいです。特に浅沼さんの十六夜の演技がとてもハマっていました!


山本:
そうですね。個性的なキャラが多い中、どの声優さんの演技も思った以上に苦労なくハマったので、
自分としても今後も楽しみです。


竜ノ湖太郎: 飛鳥役のブリドカットさんも、すごくお嬢様してる!という感じで。

山本: それこそ、生まれながらにお嬢様なんじゃないかというくらい。

草川: オーディションのときからピタっとハマってましたしね。

竜ノ湖太郎:
耀とかも、やっぱり声のトーンが低くて、口数の少ないキャラクターは、それだけで演技が難しいと思うんです。でも中島さんが、きちんと耀としてのキャラを立てていただいているのを、すごいなぁと思いながら聞いていました。

――本作の中で、お気に入りのキャラクター、あるいはアニメで
  描いていて楽しいキャラクターは?

草川:
十六夜がカッコイイというのと、あとはやっぱりアニメでは黒ウサギをイチオシにしているので、注目していただけたら。結構なんか耳とか、尻尾とか、胸とかね(笑)、アニメならではのリアクションを色々付けていこうと思ってますので。

山本:
(きっぱり)黒ウサギにセクハラしてくれる白夜叉にがんばって欲しい。

竜ノ湖太郎:ギリギリアウトな感じですね(笑)

草川:問題児発言だ(笑)

竜ノ湖太郎:
僕はそうだな、黒ウサギがエロかわいいのは当然なんですが(笑)……問題ある行動ばかりの問題児たちも含め、物事に真剣に取り組んでいるキャラクターばかりなので、どのキャラもみんな応援しているし、そこを見て欲しいです。やっぱり、がんばっているキャラクターが好きなので。

草川: リリじゃなかったの?

竜ノ湖太郎:ロリ推しは言うまでもないことです。

――作品中、「恩恵(ギフト)」と呼ばれる特殊能力が出てきますが、もし自分で
  「ギフト」を得られるとしたら、どんなものが欲しいと思いますか?

山本:思い浮かべただけでコンテができあがるギフト。

草川:アハハハハっ!

竜ノ湖太郎:芸術の神様あたりのギフトですかね(笑)

山本:思い浮かべたら身体のどっかからプリントアウトされれば……。

草川:
それいいなぁ……。他は何だろうね、自分が2人欲しいとか。
最近、忙しくて本当に自分がもう1人いたらいいのにと思うことがよくあるから、分身するギフトとかかな。

――あまりに切実過ぎて、現場の苦労がしのばれますが、先生はいかがでしょう?
  夢のある感じでひとつ……。

竜ノ湖太郎:んー、じゃあ「子供になるギフト」。

草川:ほう? 中身は大人のままで?

竜ノ湖太郎:
そうですね、中は大人のままで子供になるギフト。
夢がいっぱい詰まってるじゃないですか。

山本:それは銭湯で女風呂に入るとか(笑)

――これまでにご自身のことを「問題児だ」と思ったエピソードはありますか?

山本:仕事の上では優等生です、って言っておかないと……。

竜ノ湖太郎:私生活では?

山本:私生活が問題児でも、俺も草川さんもマズいと思うけど(笑)

草川:粛々と優等生でがんばってます(笑)

竜ノ湖太郎:僕もです(笑)

――本作では“ギフトゲーム”というバトルが1つのポイントだと思いますが、
  アニメにおける“ギフトゲーム”のここぞ!という見所があれば教えて下さい。

山本:
そうは言っても毎回(ゲーム内容が)違いますからね……。サッカーとかだったら、こういうところが見所というのはあるけど。そうするとやっぱり、十六夜の活躍っぷりですよね。原作にあるとおりのチート級の強さで、ゲームで活躍するところが見所かな。

草川:
ゲームのルールが書いてある「ギアスロール」は、小説と違って文面をちゃんと全部見せるのは難しいので、モーショングラフィックスとかを使いつつ、飽きさせずにポイントを見せる工夫はしてます。

山本:ハードル上げてません?

草川:え? ハードル?

山本:なんていうか、そこが凄い、そこを見てくださいみたいな。

草川:いや別に、そこが凄いっていうことじゃなくて、工夫をしてますよっていうだけで。

竜ノ湖太郎:フフフ…。ハードル下げようとしてません?

山本:草川さんがそう言うと、撮影さんへのハードルが上がっちゃいますよ。

草川:じゃあ伊藤さん(伊藤康行撮影監督)、がんばってねということで(笑)

山本:ハードル上げといたよ、と(笑)

――それでは最後に、アニメ版『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』を
  楽しみにしているファンの皆さまに、一言メッセージをお願いします。

草川:
楽しんで見てもらえたらと。何よりアニメーションはエンターテイメントだと思っているので、楽しんで見てください。

山本:
そうですね、動いているキャラクターとか、小説を読みながらのイメージしかなかったものを描くのがアニメならでは魅力と思うので、そういうところを注目いただけたらなと思います。


竜ノ湖太郎:
先ほども言いましたが、映像化不可能と思われたところが映像化され、原作中だけでは感じきれない、絵になって初めて伝わる楽しさというのを、アニメで感じ取ってもらえたら嬉しいです。動きまくるらしいので(笑)

山本:ハードル上げないでくださいよ!


PAGE TOP